脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)

脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)では、脱毛に関してまとめています。

自宅での脱毛法

脱毛と皮膚トラブル

毛抜きで一本一本むだ毛を処理していく方法は、一時的脱毛法としては次の毛が生えてくるまでの期間が一番長い方法です。手間がかかる方法でもあります。脱毛後に皮膚の清潔を保っていない場合には細菌感染を起こしてしまう可能性があります。細菌感染したバイには毛穴に炎症が起き、化膿してしまうことさえあります。

細菌感染してしまう脱毛は毛抜きでの処理だけではありません。ワックスを使用しての脱毛についても同じような症状を引き起こすことがあります。そして、手軽にでき時間もかからないカミソリでの脱毛については、だびだび行わなくてはいけないという短所もあります。カミソリが清潔でない場合には毛抜きやワックスを使用した時と同じで細菌感染を起こします。

はさみで皮膚表面から出ている毛を切る方法が脱毛法の中で一番皮膚トラブルのない脱毛法といえます。皮膚に刺激を与えることもありませんし、細菌感染を起こすこともありません。しかし、手間がかかるうえに頻繁に行わなくてはいけません。カミソリ、はさみによる脱毛法は毛の切り口がそのまま上に伸びてきますので、表面に出てきたときには毛が太くなったように見えます。

脱毛クリームやムースなどの化学作用での脱毛については、皮膚に刺激を与えるため、接触性皮膚炎を起こす可能性があります。この方法では毛が抜けているわけではなく、カミソリやはさみと同じで表面で切り取られているだけなのですが、切り口は自然で滑らかです。

Copyright (C) 脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について) All Rights Reserved.