脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)

脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)では、脱毛に関してまとめています。

毛の仕組みと脱毛

毛の構造

皮膚と同じで毛も3層から成っています。中心に向かって、キューティクル(毛小皮)

、コルテックス(毛皮質)、そしてメデュラ(毛髄質)といいます。キューティクルは薄い層ですが、内側の毛皮質を外の刺激から守る働きをしています。キューティクルが正常な状態に保たれていない場合、ダメージヘアの原因になります。キューティクルは角化した扁平な細胞が毛先に向かって重なっていて、まるで魚のうろこのようになっています。

その証拠に、毛の根元に向かって撫でた場合には指先に引っ掛かりを感じるのです。体毛のような短い毛ではわかりづらいので髪の毛で確かめてみるとわかります。キューティクルの中に位置するコルテックスは毛の大部分を占めています。コルテックスには色素の素となるメラニンが含まれていて、このメラニンの量の違いで毛の色が決まります。また下の方にある細胞は縦に並んでいるので縦方向に避けやすい性質を持っています。

そのため枝毛が発生するのです。そして、一番毛の奥に位置するメデュラは細かい気泡を含んだ角化していない細胞です。柔らかい軟毛にはほとんどみられることがありません。また、硬毛に必ず見られるというものでもありません。

毛は毛母細胞という細胞が分裂することで作られています。毛母細胞は、毛乳頭を上から半球状に覆うような形で一列に並んでいます。毛乳頭は血管や神経をもった皮膚のことで毛根下部の球状になっている毛球の中にあります。毛抜きなどの脱毛法で血が出たりすることがあるのは毛乳頭があるからなのです。

Copyright (C) 脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について) All Rights Reserved.