脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)

脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)では、脱毛に関してまとめています。

自宅での脱毛法

正しい脱毛法

自宅での脱毛方法にはたくさんの種類があります。しかし、その方法にしても脱毛の仕方を誤ると、皮膚トラブルを招きかねなくなります。一番多いと思われる毛抜きでのむだ毛処理については、太い毛などを無理やり抜いてしまったことで血が出ることがあります。

その後しっかりと消毒しておかなければ、毛穴が炎症を起こしてしまいます。見た目には赤いニキビのようなものができます。また毛には生えている向きがありますが、この方向に逆らわないように抜くことが痛みを和らげる方法です。そして、わき毛の処理を毛抜きでしている場合、片手で脇を自分の方に向けて抜くやり方をしていると、脇の皮膚が伸びてしまい、たるんでしまう原因となります。

わき毛を毛抜きで処理する場合は、鏡を前に置いて、鏡に脇を映して抜くのが一番良い方法です。カミソリを使用して脱毛する場合には、古くなったカミソリを使用するのは絶対に避けなければいけません。カミソリは使用後、丁寧に洗っていても菌が繁殖する恐れがありその剃刀を使って脱毛すると、毛穴にバイ菌が入り炎症を起こしてしまいます。

また、切れなくなったカミソリを使用すると皮膚の内側までダメージを与えることになりますので絶対にやめましょう。新しいカミソリを使用した後でも、消毒しておく方が皮膚トラブルを避けることができます。また、脱色などは肌の弱い人は必ずパッチテストを行ってから使用するようにします。脱毛テープも、肌の弱い人の使用は避けた方が望ましいでしょう。

Copyright (C) 脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について) All Rights Reserved.