脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)

脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について)では、脱毛に関してまとめています。

毛の仕組みと脱毛

毛周期

身体のどの部位の毛も、永久に伸び続けているわけではありません。部位によって様々ではありますが、決まった期間、成長をつづけます。その後、自然と毛は抜けていくのですが、しばらくすると毛が抜け落ちた毛包からまた毛が生えてきます。毛はこれらを繰り返しているのですが、このサイクルのことを毛周期といいます。毛周期は、成長期、退行期、休止期の3つの時期に分けられます。

成長期は平均2〜6年とされています。成長期が始まると、毛包は真皮の奥深く入り込み、毛乳頭に達します。毛母細胞は活発に増殖と分化を繰り返し、毛が伸長していきます。成長期は機械での脱毛法にもっとも有効な時期といえます。退行期では、毛の伸長も次第に行われなくなっていきます。

平均2〜3週間といわれています。休止期では、毛包は毛隆起の位置近くまで萎縮し、毛乳頭は毛球の外に取り外されます。そして、毛母細胞も消えてなくなってしまいます。この状態の毛を根毛といい、毛包との固着力がなくなるため、シャンプーや摩擦などによって自然に脱落していきます。また、成長期になって新しい毛が生えてくることによって、押し出されて脱落します。平均で3〜4か月とされます。

毛周期は隣り合った毛だからといって同じサイクルで動いているわけではありません。それぞれが独自で生え変わりのサイクルを持っているのです。ですから、同じ部位だからといってすべてが一気に抜け落ちることはないのです。独自でサイクルが違うことによって私たちは常に一定の状態を保っていけるのです。

毛周期は年齢が高くなればなるほど長くなる傾向があります。とくに眉毛や耳毛は 成長期の期間が伸びるために長くなると考えられています。

Copyright (C) 脱毛:ムダ毛処理のコツ(毛の仕組みと脱毛について) All Rights Reserved.